用語集(随時追加中)

為替差益

「FX」とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「外国為替証拠金取引」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」とも言われます。

証拠金を預託し、差益決済による通貨の売買と言われてもピンとこないのではないでしょうか?簡単に言うと国と国とのお金を両替していく取引です。

例えば、1米ドル=100円で買ったとします。

1米ドル=120円で売ることができれば20円の差益が出ます。

1米ドル=80円で売らなければいけなければ20円の差益損が出ます。

スプレッド

買いレート(ASK)と売りレート(BID)の差のことをスプレッドといいます。

売り手がいて買い手がいてそこに差が発生するのは?よくわからない気もしますが、

端的に言うと「FX会社の取引手数料」ということになります。

スワップポイント

基準通貨金利-異通貨の金利 です。

A国の金利が3% B国の金利が1%とした場合、

B国を売ってA国の通貨を買った時は

3%-1%=2% の金利を得られます。

逆にA国を売ってB国の通貨を買った時は

1%-3%=-2% の金利を支払わなければなりません。

金利は日割り換算での金額になります。

スワップポイントは日々発生ごとに受け取れますが、各会社で証拠金にすぐに

反映できるかどうかが変わってきます。

指値注文&逆指値注文

指値注文は今のレートより有利なレートでの注文で、いくらになったら買う・売るということが指定できる注文になります。"値切る時にいくらになったら買う"という通常の感覚のものです。

逆指値注文は今のレートより不利なレートでの指値注文のことです。これ以上安くなったら損するので売る感覚です。

トレール注文

トレール注文とは、レートの上昇、下落の幅に合わせて、逆指値注文のレート水準を随時自動修正してくれる注文です。リスクをトレールの幅の設定でコントロールすることで、リスクを図りながら、可能な限り利益を伸ばす目的にご利用いただけます。

必要証拠金(取引必要証拠金)

必要証拠金=取引するのに最低限必要な金額

単純にレバレッジをかけてないで1ドル=100円の場合、

1ドル購入するには100円

が必要です。100円が必要証拠金です。

最低100円持ってないと買い物させません。当たり前のことですよね。

レバレッジ

1ドル=100円の場合、1ドル購入するには100円かかります。

元の資金が100円だったとして、それを25倍のレバレッジをかけると

100円 ✖ 25 = 2500円 =25ドル

100円で25ドルが購入できることになります。

これで1ドル=95円になった場合

95円 ✖ 25 = 2375円 =25ドル

2375円 - 2500円 =ー125円

125円損することになります。

(95 - 100) ✖ 25 = ー125円

もとに資金よりより多くの資金が必要になります。

実際には、それ以前にロスカットされて自動決済されるかとは思いますが、レバレッジをかけすぎた運用はリスクが高いことがわかります。逆にリターンも高くなります。

要はレバレッジとは、てこのようなもので単純にリスク・リターンの倍率的なものなります。自分の身の丈に合ったレバレッジを選んで取引を行いましょう。


ロスカット

含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことです。

ある決まった必要証拠金維持率を下回った場合に、強制的に決済されることになります。

それにより証拠金以上の損失は出さないような仕組みになっています。

が、レバレッジを高めの設定しているとレートの大幅な変動により、証拠金以上の損失・借金ができてしまう可能性があることは理解しておかなければなりません。